神澤歯科医院の診療案内です。出来るだけ痛みに配慮して痛くない治療をを心がけています

 
9:00~12:00
14:30~19:00

休診日:木曜日・日曜日・祝日
臨時休診あり(詳しくはお電話下さい)

tel.0480-61-2351

〒347-0045
埼玉県加須市富士見町7-41

  • 電話
  • メニュー

虫歯予防におススメなフッ素について

【カテゴリ:予防歯科

加須市加須駅にある歯科医院の神澤歯科医院です。

フッ素は歯に良いと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?また子供の頃に塗布したことがある方も多いですよね。
ただ、フッ素は子供だけではなく、大人にも効果を発揮してくれます。
そこで今回は虫歯予防にもおススメなフッ素についてご紹介します。

 

フッ素のはたらき

 

  • 再石灰化の促進

 

歯は食事をすることで酸性になったり、唾液の作用でアルカリ性になったりします。
お口に中が酸性に傾いてしまうと脱灰が進み、唾液の効果でアルカリ性になると再石灰化を促進してくれるのです。

 

ただ、唾液の量や質は個人差があったり、就寝時に少なくなってしまうことがあります。
そのため、フッ素を塗布して、歯から溶け出したリンやカルシウムで再沈着をはかり、再石灰化の促進を促してあげるのです。

 

  • 歯質強化

 

フッ素のフッ化物イオンがカルシウムと結合して再沈着をはかると、『脱灰』した部分に新たに結晶を作ってくれます。
そのため、歯の表面のエナメル質の結晶が安定化して、歯質を強化してくれるのです。

 

  • 酸の生成を防ぐ

 

フッ素は虫歯菌が作りだす酸に強いため、歯ブラシで落とすことが出来なかったプラークの中の虫歯菌の働きを弱めて、酸が作られるのを抑えることができます。

 

フッ素の種類と濃度とは?

 

  • 歯科医院で塗布するフッ素

 

歯科医院で塗布するフッ素は自宅で使用する歯磨き粉に含まれているフッ素に比べると9000ppmと濃度が高く、歯の強化に効果を期待することが出来ます。
また、濃度が高いので、1度塗布すると3か月間期間を空けないと再度塗布することができません。

 

そして、フッ素を塗布する前にクリーニングをして、プラークをしっかりと除去してから磨き残しがない様にしていくので、その点からも虫歯予防を期待することが出来ます。

 

  • 自宅で使用する歯磨き粉に含まれるフッ素

 

自宅で使用することができる歯磨き粉に含まれているフッ素は毎日使用するので、濃度は500ppm~1000ppm程度のものが多くなっています。
最近では1500ppmの高濃度のものも出ているのですが、この商品は6歳以下の子供は使用することが出来ないので注意が必要です。

 

フッ素は歯を強くして、虫歯菌の働きを弱める効果もあり、メリットが多くなっています。
そして、歯科医院で定期的に塗布する習慣をつけることで、虫歯になっていないかも確認することができるのでおススメしています。

 

医院名 神澤歯科医院
所在地 115-0043 埼玉県加須市富士見町7-41
電話番号 0480-61-2351
URL
診療内容 歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児矯正歯科・インプラント・審美治療・入れ歯(義歯)
説明 加須市加須駅の神澤歯科医院です。当院は患者さまにご満足いただける診療を目指して加須市の皆さまと共に歩んできました。
多くの患者さまのお悩みである歯周病も痛くない治療を心がけ、治療に対するストレスを少なくする様にしています。
また、インプラントもインプラント専門医による診療や麻酔専門医による『局所麻酔』『静脈内鎮静法』を用いて痛みや不安を考慮してリラックスした状態でインプラント手術を受けることが可能です。

 

また、万全の衛生管理を整えておりますので大人の方からお子さん、ご年配の方まで安心してご来院ください。
患者さまの通院に対するご負担を減らすために、土曜、日曜、も診療して口コミでも人気の評判を頂いております。